本の評・紹介ページ


0028 本の紹介   by 竹柴 俊徳

『自分を好きになる 子を育てる先生』
諸富祥彦 著
図書文化
2000.11.01

  著者は千葉大学教育学部助教授で、教育学博士、上級スクールカウンセラー、臨床心理士、認定カウンセラー、学校心理士の資格を有する方です。 著者によれば、最近の子供達は「私なんて大したことできない」「どう生きたって変わらない」と、捨てばちになり、刹那的な快楽に身をゆだね、向上心をもてず、社会に敵意を感じ始めているという。

  その社会的背景として、男の子にとって『巨人の星』や『あしたのジョー』『タイガーマスク』に代表される貧困の中で苦難に立ち向かうヒーロー像がそこにある「高度成長の時代」(=ガンバリズム)から、昭和51年、1ドルが200円をきったころから、高度成長の時代が終焉し、貧しさを背景にしたマンガが子どもの感覚にフィットしなくなり、代わって、ギャグとSFものが主流となり、感覚に訴えるものが多くなり、世の中のために生きるのはいやだけど、自分のためにならがんばるという「自己実現の時代」(=自分主義)を経て、現在は、環境問題や政治不信、社会全体の閉塞感の中、長引く平成不況でリストラにおびえる父親の背中が目の前にある、いくらがんばったところで、輝かしい人生が待っているとは思えないという「むなしさの時代」(=脱力主義)に入っているという。

  こんな時代だからこそ、究極的には、「生きることの意味」がのしかかってくる時代でもあるといえる。 宮台真司氏は「生きることに意味もクソもない」と叫び、自分を好きになれない若者の共感を得た。

  しかし、作者はこれに対して、本書の中でも異をとなえ、自分を好きになることの重要性を強調する。それは個を超えた「つながり」の中で始めて私は私でありうる。というとらえ方で、私たちの生きる意味も生まれ、私たちがこれからどう生きるかの答えが見いだされてくるという。

  私たちは若者の感覚についていけず、「最近の若い者は・・・」と文句をいうか、おろおろするのがいつの時代でもあることだが、現代の若者にどの様に接すればいいかわからず、また宮台真司氏の著書を読んだ方には、著者の本もお勧めである。






POSTEIOS研究会 目次へ
一つ上に戻る