本の評・紹介ページ


0033 本紹介

 聖(さとし) ―天才・羽生が恐れた男―   

著者 山本おさむ著 (小学館ビッグコミックス)
生きる意味を問われる作品
  今回のお奨めは、「聖」というタイトルの将棋のマンガです。
 これは、29歳という若さで亡くなった、村山聖という現実に存在した棋士を主人公に書かれた作品です。先日、日本テレビ系の「知ってるつもり」でも紹介された方なので(私はそちらは見ておりませんが)ご存じの方も多いかも知れません。
 主人公の聖は、幼少時よりネフローゼという重病に冒され、常に病院で暮らす幼少期を過ごしていた。病院内で友達になった仲間達が亡くなっていく中で、自分自身の人生に対し、死ぬという事以外生きる意味を見いだせなくなっていく。そんな日常の中で、「形勢が悪くても生きる道が必ずあるはず、死ぬことではなく、生きる事に目を向けるんだ」と将棋を教えてくれた仲間がいた。その友もう失うのだが、主人公は将棋を通し生きる意味を、生きていく歓びを見いだし始めるようになっていくという話です。
 著者である山本おさむ氏は以前、聴覚障害を持つ少年達が甲子園を目指していく「遙かなる甲子園」もマンガ化された方です。その作品でもそうでしたが、非常に「生きる意味を問う」というようなメッセージ性を発する漫画家の方です。
 是非、この方の作品を読んでみてください。自分自身の今を問いただされる作品です。
                 
(岩佐 准光)








POSTEIOS研究会 目次へ
一つ上に戻る